転職を希望する者に捧ぐ。

看護師の転職についてまとめている。

看護師自らが主導する転職

 看護師が転職を図る場合、全国的に慢性的な人材不足が続く状況に加えて高齢化社会を迎えた近年では、需要がますます高まりつつある。そのため、看護師の職場選びの現状は、全国どの地域であっても常に複数の求人があるほど豊富なのだ。従って、職場選びをする際には、現段階で募集のある多くの求人情報の中から個々の希望条件により近い求人をいくつか選び、さらに絞り込んで決定するのが一般的である。
 また、全体的に人材不足が顕著な看護業界内では、ほとんどの求人が即戦力を求めている傾向にあり、適材適所な優れた看護技能と経験を備える人材を探している。そして、看護師の求人の中には非公開情報と言うものも存在し、非公開求人情報には好条件の求人が多い傾向にある。さらに、年齢にかかわらず実力がものを言う看護業界であるだけに、個々の看護能力を基に人材不足を逆手に取って、自分が主導して積極的に職場選びをする事もできるのだ。つまり、既存の求人情報から1つを選ぶ消極的な方法だけでなく、自分が積極的に希望する職場先にアピールし、新たな職場に転職する事が可能なのである。
 その具体的な方法は、例えば文字通り自分で理想的な転職先にアプローチする事もできれば、専門的なエージェントを介してアレンジしてもらう方法もある。さらに、現在では看護師専門サイトで逆指名制を導入するサイトなども登場しており、これまでの経験を活かして、有利な転職を実現する事が可能なのである。